法律相談と顧問契約

1.法律相談

 法律相談・依頼を希望される方は、次のような流れになります。

 

(1) ご依頼人から当事務所に右記の電話にて連絡をお願いします。
(2) 当事務所の弁護士より、相談の日時を提案いたします。
(3) 約束の日時に、当事務所に来所いただき、依頼内容の相談を受けます。
(4) 正式に依頼決定後「委任契約書」を締結し、具体的な解決に向けて取り組みます。

 

 相談料:30分までは5,000円、60分までは10,000円(税別)

 

 ご依頼人からの相談内容は、本人の同意なくして、第三者に提供することはございませんので、ご安心ください。

 

2.顧問契約

(1) 顧問契約とは

 企業等が毎月一定額の顧問料を弁護士に支払い、その顧問契約の範囲内の紛争については、優先的に事件を依頼することができるシステムです。

 

(2) 顧問契約のメリット

 法的紛争は、問題が表に出る前に事前に弁護士に相談し、対処していれば、紛争に発展しないケースが多くあります。問題が明らかになり、こじれてしまってからでは、解決に多大な労力・時間・費用がかかります。

 そうならないためには、顧問契約を結ぶことで、日常的・優先的に相談をうけることができ、紛争の拡大を予防することが可能となります。

 

(3) 顧問契約のすすめ

 上記のことから、法律の顧問契約の必要性は、今後ますます増していくことが予想されますので、各企業においては、検討をおすすめいたします。

 

顧問料の基準

 事業者  月額 50,000円~(税別)

 非事業者 年額 60,000円(月額5,000円)~(税別)